03-3451-5171 03-3451-5171

お知らせ・新着情報

2018/02/19  世界自然遺産

招きネコ

いつもおがさわら丸をご利用いただきありがとうございます。

みなさまにぜひ聞いていただきたいお話があります。

2005年春、小笠原父島・母島の鳥類繁殖地がネコによって消滅寸前であることが分かりました。

かつて人間が手放し、野生化したネコたちが、いつしか島の野生動物の生存を脅かす存在になってしまったのです。父島、母島の有志と関係行政機関が協働し、繁殖地のネコ緊急捕獲がはじまりました。


捕獲されたときの【島名】ネルくん

 

【島名】ネルくんの似顔絵

捕まえたネコたちは、東京都獣医師会に所属する獣医さんが引き取り、治療や人に慣れる訓練をしたあと里親さんをみつけて渡してくれています。なかには病院で過ごすネコもいます。

小笠原を離れても、都内でペットとして幸せに暮らしています。


【島名】モーリくんの似顔絵

 捕獲されたときの【島名】モーリくん

小笠原から都内への搬送は、小笠原海運が協力しています。

詳しくは「小笠原ネコプロジェクト」ホームページ参照

https://www.ogasawaraneko.jp/

 

 

…少し前のお話になってしまいますが、ある方から「捕獲されたネコの里親さんが小笠原を訪れたことがあるそうですよ」とお伺いしました。

当時の様子を「ねこ待合所」の方にお聞きしたところ、里親さんは「ウチの子はこの島で生まれ育ったのね」、「25時間30分(当時)も船に揺られて内地にきたのね」と大変感慨深げだったそうです。

当時の「ねこまち通信」はこちら

http://www.ogasawara.or.jp/nekomachi/2016/page/5/

http://www.ogasawara.or.jp/nekomachi/2017/04/

※ちなみに写真注釈の【島名】というのは、小笠原の「ねこ待合所」で呼ばれていた名前です。現在はそれぞれ里親さんがつけてくださったステキな名前で呼ばれています。

…このお話を聞いて心がほっこりしてしまいました。

その一方で…当社にとっては、このネコたちが里親さん(お客様)を小笠原まで連れてきてくれた(乗船券の売上に貢献してくれた)まさに「招きネコ」です!

…下世話な話になってしまいました。申し訳ありません…

【島名】ネルくん、【島名】モーリくん、しっかり恩を返してくれました(笑)

 

里親のみなさま、ぜひ「ウチの子」が生まれ育った小笠原にお越しくださいね!

心よりお待ち申し上げます。

 

※乗下船時の靴底洗浄へのご協力も引き続きよろしくお願いいたします。

小笠原に外来種を侵入させないために

 昨年の久里浜寄港便での靴底洗浄の様子

 

 

 

 

 

 

 

戻る>>

ページの先頭へ