03-3451-5171 03-3451-5171

実施にあたっては、体調・海況などに充分お気をつけください。
本モデルプラン実施時のあらゆる事故については弊社では責任を負いかねます。

ファミリー

所要時間 のんびり7時間
費用 バス往復運賃400円(大人)と飲食代
持ちもの 水着、タオル
  • 下記の行程はバスで移動した場合の時間例。レンタカーなどの移動でも可能。

Schedule

09:00各宿を出発。
街中を散歩しながら小笠原ビジターセンターへ向かいます。
ビジターセンターでは小笠原の自然・歴史などの資料が
展示されています。わからない事は解説員さんに聞いてみよう。
10:25村役場前バス停から小港行き村営バスに乗車
運転手さんに海洋センターに行く旨を伝えると、近い場所で降ろしてもらえます(10:30頃下車。)
10:35小笠原海洋センターに到着
この施設はアオウミガメの保護や飼育、そして環境教育などを行っています。
見学は無料です。小さな仔ガメが一生懸命泳いでいる姿をご覧ください。
11:49村営バスに乗車
先ほどのバス降車付近の反対車線で、村役場行きバスを待ちます。
バスの通過時に手を挙げると停まってくれます。
11:54青灯台前バス停下車。ランチタイム!
バス停付近の飲食店でランチか、お弁当を買ってビーチでのんびりランチ。
13:00大村海岸で海水浴~ゲゲゲ・ハウスで休憩
小さなお子様連れの方はサンゴダストが埋め尽くされた大村海岸で
のんびり海遊びがいいかも。疲れたらゲゲゲ・ハウスでお昼寝。
日焼けにはご注意。小笠原は日差しが強いので、すぐ日焼けしてしまいます。
15:00のんびり歩いて郵便局へ
内地(小笠原では本土のことを内地と言います)のお友達や、日頃お世話になっている方に絵葉書を送ってみてはいかがでしょう。メールもいいけど、ここは1,000キロ離れた超遠隔離島です。郵便局では平日の17時までに窓口に持ち込むと、小笠原郵便局限定の観光消印(風景印)を押してもらえます。
16:00おみやげを探しながらお宿へ
メインストリートの一本奥の道も歩いてみましょう。
カラフルな南国雑貨などいっぱいありますよ。
小笠原村営バス営業所
04998-2-3988(バスの時間は必ずご確認ください)

小笠原郵便局
04998-2-2101
ページの先頭へ